当社が主催した次世代Vライバーを発掘する「世界VライバープロジェクトZoooガールズオーディション」第一弾の合格者のVライバーとしての活動がいよいよスタートし、日々進化するバーチャル空間で活躍の場を広める準備が行われています。また、第一弾の大きな反響を受け、「Vライバーオーディション世界 VライバープロジェクトZooo」第二弾の開催も予定されており、2月12日(金)より応募を開始いたします。

<世界VライバープロジェクトZoooガールズオーディションとは>
Zoooプロジェクトが企画・運営を行う次世代バーチャルキャラクタープロジェクトです。
https://modecon.jp/vliver_girlad/
2020年7月に行われた第一回では、応募総数1200名を超え、セミファイナリスト240名による配信審査・WEB投票・SNS審査を勝ち抜いた上位30名と、特別審査員枠5名の35名がファイナリストとしてファイナル審査に挑みました。最終審査合格者にはそれぞれにアバターを提供し、Vライバーとしてデビュー・活動できるステージをご用意しております。

◆オーディション合格者のデビューへの道 ◆

<実際のVガールズ稼働動画>
https://youtu.be/czBv31KrNnE

<Vガールズ合格者のコメント>

『この度Vライバーガールズオーディションに合格しデビューさせて頂くエルフのセレナです!今後の活動について少しずつ、こんな事をやってみたい!こんな風になりたい!と言う気持ちがどんどん大きくなってきて、早く皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしたいなととてもワクワクしています!ぜひ楽しみにしていてください♡』

『皆さんにつくってもらった、まりもです。輝いて、たくさんの方に勇気や元気を与えられるように精一杯頑張ります! ぜひ配信やyoutubeを見に来てください。』

<今後の活動シーン>
・文化系雑誌への掲載決定
文化系雑誌で合格者3人の特集の掲載を予定! 掲載日等の詳細は決定次第、改めてお知らせします。

・ 日本No1.有名CDレンタルチェーンのPOPモデル
全国900店舗を誇る日本No1.有名CDレンタルチェーンで店内に掲載される音楽カテゴリのポスター等、POPを彩るキャンペーンモデルとして出演決定!

<技術サポートや楽曲提供>
・配信機材のフルサポート
オーディション合格者には、「Live2Dモデル」や「PC・モニター・周辺機器」など20万円相当の配信用機材のサポートをさせていただきます。

・オリジナル楽曲制作 AAA、King & Prince、乃木坂46、May’n、ワルキューレなどの楽曲制作を手掛けてきた音楽制作会社「Wee’ s」による楽曲提供。現在の進捗としては、楽曲制作に関するヒアリングを重ね、それぞれが作りたい楽曲をより良い形に作り上げています。

<楽曲制作担当からのコメント>
・小川裕太郎 さん
『この度は、Vライバーデビューおめでとうございます! 皆様のキャラクターを最大限引き出せるよう、良い意味で「隙」のある楽曲を制作させていただきました。いちファンとして、皆様の今後のご活動が楽しみでなりません!アバターも気になりますね!ご活躍期待しております!』

・ヤナガワタカオ さん
『昨今、益々盛り上がりを見せているVチューバの世界。個人的にVライバーへの楽曲提供は初めてでワクワクしながら制作しました。疾走感MAX! 熱くて、でも最高にクールな楽曲に仕上がったと思うので、たくさん聴いて頂けたら嬉しいです。』

・Kenji Kabashima さん
『様々なスタイルで【音楽】という世界が広がっていくのを日々実感しております。それにはみんなの新しい感性が必要ですね!! これからもそれぞれの形で聴く人、観る人の心に残るような作品を共に生み出していきましょう。』

・ツカダタカシゲ さん
『これから世界的に注目される皆様のアイデンティティーに期待です! VTuber、Vライバー戦国時代ですが自分らしく楽しく活動出来ますように。こちらもガンガン制作していきますね!』

<プロデュ―ス>
今回のVライバーオーディションや今後の合格者の活動は、プロデューサー・クリエイターである赤津慧さん、バーチャルの最前線で活躍するバーチャルアイドルの響木アオさん、映画「カメラを止めるな!」の原作者のクリエイティブディレクター和田亮一さんにプロデュースしていただきます。

赤津慧
株式会社CHET Group CDO。テクノロジーを軸にしたエンターテイメント表現をテーマに、多数の作品プロデュース、制作を手掛ける。VTuberテレビドラマ「四月一日さん家の」シリーズ、歌舞伎メディアアート「カブキノヒカリ展」、サンリオピューロランド初のMRアトラクション「ハローキティのスペースシューティング」「シナモロールのデコレーションカフェ」等。大阪大学中西研との産学連携や大手企業とのR&DなどXR領域の研究開発にも注力しており、2019年に「VRが変える これからの仕事図鑑」を出版。

赤津さんコメント
『バーチャルキャラクターの可能性はまだまだ広がるばかりです。今後Vライバーとして活動する「月添まりも」「七五三掛ひまり」「エルフのセレナ」は、個々の魅力を生かしてこれからの活動を頑張ってもらいたいです! 今後の彼女たちの活躍を、お楽しみに‼』

響木アオ
株式会社ハローのYouTuberプロダクションであるハロクリに所属。クラウドファンディングで403名の支援者から目標額125%を調達しライブが成功、大人気となった。また、キャストを務めたドラマ「四月一日さん家と」が第106回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞」のノミネートされるなど、最前線で活躍するバーチャルアイドル。

響木さんコメント
『今この世界は色々なデビュー方法がある中でこのオーディションを選んでくれた事にとっても嬉しく運命を感じています(ᕯᐤ⌂ᐤᕯ)💓 そんな中で選ばれた3人にはワクワクしか感じませんᕱ⑅ᕱ✨ これからの活動も楽しんでください🐇❣️』

和田亮一
株式会社ハイルエンターテインメントの代表取締役。VRプロダクション「マボロシ」のコンテンツプロデューサー、地域創生、子供演劇、コミュニティ甲子園、執筆活動など多種多様な活動を行っている。また映画「カメラを止めるな!」の原作者であり、数々のプロジェクトに参加しているクリエイティブディレクター。

和田さんコメント
『今まで様々なコンテンツをプロデュースしてきましたが、これほどワクワクできるものに携わるのは初めてです! 皆様にたくさんの幸せを届けられるよう様々なコンテンツを考えております! また、Vデビューする3人は凄い個性を秘めています。 これからの活動が本当に楽しみです!』

 

Next
TVアニメ『やくならマグカップも』声優オーディションの合格者2名が決定しました。
Comments are closed.